ISUM申請・代行は100%不要!結婚式の著作権侵害回避は「中古CDを買えばOK!」

ムービー雑学

ナナイロウエディングのオプションプランに「ISUMISUM申請代行サービス」というものがあります。

これは、ナナイロウエディングだけでなく、各制作会社にもほとんどこのサービスがあります。

 

ISUMって何?著作権関連なのはわかるけど、調べても難しくてわからない・・・

安心して!超シンプルに説明するから!

 

 

この、ISUM申請(ナナイロウエディングだと1曲5,000円)ですが、申請は一切不要です。

その理由を、超簡単に解説していきます。

まず結論「流したい曲は中古でもいいからCDを用意しろ」

 

まず、先に結論から述べます。

 

ムービーを作ってもらったら、

「DVDは無音で流す+自分で用意したCDから音楽を流す」

という方法を取ってください。

 

これが、結婚式場からもお勧めされるやり方で、新郎新婦にかかる金銭的負担も一番少ない方法です。(もしくは結婚式場によって、CDなしで自由に流せる曲があるはずなので、それを使用する)

 

例えばナナイロウエディングで、人気の「History」というプロフィールムービーを作ってもらうことにしました。

【参考:ナナイロウエディングのプロフィールムービー!種類は?値段は?お勧めは!?

 

このバックミュージックには、RAKEの「100万回のI LOVE YOU」と、MISIAの「幸せをフォーエバー」を使いたいとします。

 

そしたら、

RAKEとMISIAの曲が入った正規のCDを買いましょう。もしくは用意しましょう。

 

そして、それをDVDを無音で流しながら、CDで同時再生してもらうのです。

 

これが、結婚式場でムービーを流す場合の、正攻法のやり方なのです。

 

なんでCDを用意しないといけないの?

詳しく説明していくね!

DVDから音楽は流せないという事実

 

そう。

DVDから一緒に音楽を流してはいけないのです。

 

理由は、ムービーが入ったDVDに音楽を入れると「複製」にあたってしまうからです。

 

複製…?なんか難しくなってきた・・・

ここからは大まかに理解してくれればいいよ!

 

 

結婚式で流すムービーには、ほとんど音楽が一緒に流れるでしょう。

ムービーだけでなく、結婚式でもバックミュージックとして、音楽は流れるはずです。

 

バックミュージックの例としては

 

入場の時は、絢花の「にじいろ」を流して、

ケーキ入刀の時は、AIの「ハピネス」がいいな・・!

中座の時は、Superflyの「愛をこめて花束を」を流したい・・・!

 

みたいな感じですね。

 

これ、結婚式では、曲を自由に流せないんです。

えーーーーー!!!なんで自由に流せないの?

「著作権」と「著作隣接権」にひっかかるからなんだ。

 

著作権と著作隣接権

理由は、著作権と、著作隣接権にひっかかるからです。

 

  • 著作権…絵画、音楽、詩などの著作物を創作した人に与えられる権利
  • 著作隣接権…歌手やアーティスト・レコード会社などに与えられる権利

 

要するに、この著作権と著作隣接権をクリアしないと、曲は流せないのです。

 

個人的な利用だからいいんじゃないの!?

結婚式はご祝儀をもらうよね?そこで金銭のやり取りが発生しているから、個人利用にはならないんだ。

 

結婚式では、ご祝儀(もしくは会費)が発生するのが基本な為、個人利用には当たらず、結婚式で勝手に曲を流すと、「著作権侵害」になってしまいます。

さらにムービーに音楽をいれて、結婚式で流すと、人のつくった音楽を複製したことになり、ここでも「著作権侵害」に問われてしまいます。

 

 

なので、作詞作曲者の方や、アーティスト・レコード会社の人に、逐一許可を取らないといけないのです。

えーーーーー!!!許可をいちいち取るの!?めんどくさい・・!

そこに目を付けたのが「ISUM」という団体なんだ!

ISUMは「申請代行会社」

ここで初めて「ISUM」という言葉が登場します。

 

このISUMという団体は、新郎新婦が、作詞作曲者の方や、アーティスト・レコード会社の人に、1曲1曲許可を取るための申請を、代わりにやってくれる団体なんです。

 

このISUMですが、実は新郎新婦、個人で申し込むことはできません。

 

個人で申し込めないの?!そしたらどうやって許可取るのよ!!

「結婚式会場」か、「制作会社」がやってくれるよ!

 

 

結婚式の打ち合わせに行った方は、もしかしたらお分かりかもしれませんが

「このリストのなかの曲だったら自由に使えますよ~!」

と式場の方に言われませんでしたか?

 

あれは、結婚式場がISUMを使って(お金を払って)許可を取った、音楽たちなのです。

なので、そのリストの曲は、許可を取っているのでCDなしでも、結婚式でも自由に流すことができるのです。

 

逆にいうと、そのリストにない曲は、ISUM申請をするか、CDを用意するしかありません。

 

iTunesでダウンロードした曲はいいの!?

ダメだよ。CD原盤のみOKなんだ

ISUM申請はお金がかかる

ISUM申請は、制作会社に頼むと1曲約5000円です。

 

よく考えてください。

CDを定価で買ったら、アルバムとしても3000円くらいですよね。

 

この時点で、もうISUM申請をするメリットはないのです。

 

 

さらにISUMに登録されている曲しか、申請はできません。

ISUMには現状約13,000曲しか登録されておらず、使いたい曲がないかもしれません。特に洋楽のラインナップはかなり少ないです。

 

なので、「CDを用意して、曲を流す」というのが、金銭的にも時間的にも正しい方法なんです。

これを知らないと、ついつい制作会社でISUM申請をしてしまいます。

非常にもったいないです!

TSUTAYAでレンタルすれば安いわね!

レンタルCDはNGだよ!

 

 

ちなみに、中古のCDもOKですが、TSUTAYAなどでレンタルしたCDはNGです。

同様に、iTunesなどからDLして、自分で焼いたCDもダメです。購入した新品or中古CD原盤のみOKです!

 

私たちはAmazonで中古で調達しました。

まとめ

要するに、

 

結婚式では自由に音楽は流せない、DVD上からも流したら複製にあたって流せない。

ISUMに申請するか、CDを買って流すか

ISUM申請は余計な費用が掛かるのでCDを用意したほうがいい

 

ということです。

 

ムービーで流したい曲は、正規のCDを準備するのが一番効率がいいのです。

もしくは、結婚式場で許可を取っている曲を使ってムービー制作もすれば、CDを用意する必要もありませんね。

これもまた賢い方法かもしれません。

 

ネット上でDLなどして、無料で流すことはできないので、ここは素直にあきらめましょう。

 

トップページへ戻る

 

 

コメント