ウエディングムービー自作は絶対にお勧めしない3つの理由

ムービー雑学

ウエディングムービーどうします!?

改めて、ご結婚おめでとうございます!

結婚式の準備を進めていく中で、「ウエディングムービー」どうしようかな?と思っている方が、きっとこのページを読んでくれていると思います。

 

  • 自作にしようか?
  • 結婚式場で注文しようか?
  • ムービー制作業者に依頼しようか?

 

この辺で、おそらく迷うことかと思います。

特に、結婚式はお金が非常にかかりますよね。

なので、「お金は安くしたい…けど、クオリティはしっかりこだわりたい…」これが、どの新郎新婦さんも願っているポイントでしょう。

 

ここで、私が断言するのは「自作は絶対やめておけ」ということです。

自作は絶対やめたほうがいい理由

私は、ウエディングムービーを自作した経験があるのですが、非常に苦労しました。

私の経験も交えながら、ウエディングムービーを自作で作ることをお勧めしない理由を紹介します。

理由①素人には操作が難しい

まず1個目は、「動画編集ソフトを操作するのが、素人にはハードルがかなり高い」ということです。

 

もし、ウエディングムービーを自作する場合は、WONDERSHARE社が出しているFilmora などのソフトを買うことが基本です。(i movieなどの無料ソフトでは、編集機能が乏しいのでお勧めしません!)

 

たしかにFilmora などは動画ソフトとしてはかなり優秀で、Youtuberなどもこぞって愛用しているソフトですし、エフェクトやフィルター類も充実しているので、うまく使いこなせば、十分プロ並みの動画が作れます。

 

しかし、

 

「その自信がありますか?」

 

というお話なのです。

 

パソコンが割と強い方、これまで動画編集したことがある方はいいかもしれません。

しかし、「パソコンはネットサーフィンと、ワードエクセルくらいの必要最低限のみ」くらいのレベルの人が、1から動画を作るのはかなり難しいです。

 

しかも作ろうとしているのは、一生に一度の大切な舞台のムービーです。

 

おそらく、あなたが人生の中で動画を作ることがあったとしても、確実に人生のトップ3のうちには入る重要なムービーでしょう。

 

  • 自作で作ろうとしたけど、難しくてあきらめてしまった
  • 頑張ってみたけれど、構成がどうもうまくいかない
  • 動画編集ソフトが重くて一向に作業が進まない

 

・・・など、これらは新郎新婦さんからよく聞く、自作ムービーの苦労です。

 

ただでさえ、仕事や結婚式の準備に忙しい新郎新婦さんに、そこまでのリスクを背負ってムービーを自作することをお勧めするか?といえば・・・私はNoですね。

理由②想像以上に時間が取られる

2番目の理由は、「動画編集の時間が想像以上にかかる」ということです。

 

「自作したいな~」ともしかしたら思っているかもしれませんが、大体どのくらいの時間がかかるか見積もれていますか?

 

凡そ3か月間と言われています。

しかし3か月間というのは、あくまで準備期間でして、実際の作業時間としては、「簡単なビデオにした」場合は平均32時間、「凝ったビデオを作った」場合は平均42時間です。

 

1本で、最短でも32時間なので、オープニングムービー・プロフィールムービー・エンドロールの3本を作れば、3倍の96時間かかります。

しかもこの32時間というのは、写真をはめ込んでスライド式に流すタイプの、一番簡単で、クオリティもやや低めのムービーでです。

 

この時間が、捻出できますでしょうか?

 

勿論、人によってはもっと早く仕上がる人はいますが、逆に平均なので、簡単な動画でも32時間以上かかっている人がいるわけです。

低スペックパソコンを使用している人はさらに注意

特に、低スペックのパソコンを使っている人は要注意です。

 

これは私の実体験ですが、私がFilmora を使ってウエディングムービーを自作した際の、パソコンのCPUは、Celeronで、メモリ4GB、ストレージHDDだったのですが、もう最悪でした。

重すぎて重すぎて、作業が全くはかどらないのです。

もしソフトがサクサク動くならば(つまりここはソフトが悪いのではなく、パソコンの性能面がよいならば)、ざっくり見積もっても1本15時間くらいでできた印象ですね。

 

やはり動画を自作するなら、Intel(インテル)の場合なら、Core i7、最低でもCore i5は搭載したいですし、容量は最低8GB以上、ストレージはSSDであるべきでしょう。

 

CPU?ストレージ???意味が分からない・・・?

分からなくて当然だから安心してね。

このへんのパソコンの知識は、少し詳しくないとわからないでしょう。なので、理解できなくても大丈夫です。

 

逆に厳しい言い方をすると、このへんのパソコン基礎知識を持っていないレベルの方が、いきなりウエディングムービーを自作するのは、相当ハードルが高い、ってことです。

値段は安く済むけど、クオリティが下がる

 

  値段 ムービークオリティ 労力
結婚式場で制作 とても高い 悪い~良い とても楽
自作 とても安い 編集レベルによる とても大変
ムービー会社で制作 安い 悪い~かなりよい

自作で作る唯一のメリットは「安い」です。

これは、揺るがない事実ですし、だからこそ挑戦する新郎新婦さんがいることも納得です。

 

結婚式場でムービーの制作を頼んだ時の相場は、

 

  • オープニングムービー 5万円~10万円
  • プロフィールムービー 8万円~30万円
  • エンドロールムービー 5万円~30万円

 

なので、これは相当高いです。

 

それに対して、自作ソフトは、例えばFilmora で7,980円でDLができ、一生使うことができます。

だから結婚式場と比べると、破格の安さなのです。

【参考:Filmora公式サイト】 

 

勿論クオリティはその新郎新婦さんによりますが、プロに作ってもらうよりは落ちることがほとんどでしょう。

 

しかし、ウェブ上のムービー制作会社に頼むとどうかというと、このサイトで紹介しているナナイロウエディングなら、43,000円で3本作れますし、一番安いDMCなら30,000円を切ることもできます。

そして、ちゃんとクオリティの高いムービーを選べば、「安く&クオリティ高く」を実現することができるのです。自作よりお金がかかるのは勿論です。プロに頼んでるんですからね。

 

でも、自作にかかる労力は一切なく、ウエディングムービーの相場と比べれば、相当安く済んでいるわけです。

 

だから僕はWebで営業しているウエディングムービー制作会社をお勧めしているのですね。

まとめ

以上の理由から、私は、大切な、大切なウエディングムービーを、自作で作ることをお勧めしていないのです。

 

逆にいうと

  • 動画編集は慣れてる・好き・習得してみたい
  • 時間がたっぷり取れる
  • あえて自作感をだしたムービーを作ってみたい
  • クオリティは低くてもいいから、どうしてもとにかく安くしたい

 

という方には、自作で作るのはあっているでしょう。

それならば、先ほど紹介したFilmora以外にも、少し値段は上がりますがPowerDirector 365 などもお勧めですので、よかったら見てください。

 

それ以外の方は、おとなしく結婚式場か、ナナイロウエディングなどのウエディングムービー制作会社で頼みましょう。

それが、大人な判断ですね。

コメント